メインイメージ画像

インターネットやテレビ番組の普及で通販の人気は拡大しています

ネットが普及する前は、テレビやラジオ、雑誌の広告欄やチラシなどを見て電話注文をするというスタイルの通販がかつては一般的でしたが、今はそれに加えて、ネットを活用した通販が増加傾向にあります。呼び名も通販ではなく、ネットショッピングなどと言われるケースが多いです。氏名や住所などを入力して会員になるお店が主流です。また、従来型のテレビ通販も人気があります。実際に商品を買うかどうかはともかく、見ているだけで面白いという水準にまで達しているTVプログラムもあります。

以前は安さを強調する番組が多かったのですが、今はその使い方を紹介する番組が増えてきました。

しかも司会者が有名人にまでなるというのは、これまでありませんでした。非常に有名になり過ぎたために、モノマネタレントがその人の喋り方をコピーする様にまでなりました。モノマネをするためには、誰が見ても分かる程度の知名度がなければいけません。聞いた事も無い人の真似をしても、誰も共感してくれないからです。

そう思うと、真似の対象となるまでに通販業界で活躍したのは、素晴らしい事だと思います。

使用する人の年齢層が幅広いのも通販の特徴だと思います。自分自身で注文をする訳ではありませんが、まだ小さい赤ん坊でも、通販で買ったオムツを使っていたりします。高齢の方であれば、マッサージチェアを買って、家に置いて楽しんでいるという感じです。違った業界では、ある程度利用しているお客さんの年齢層に偏りが見られますが、通販は性別年齢に関係なく皆が利用しているのが特徴です。

今までも自宅に居ながらにして色々な物が購入できるということで、とても大きなマーケットでしたが、これにインターネットが加わり、いっそう市場が広がりつつあります。この通販人気と連動して成長しているのが、国内の配送業者です。あまりにも多数の人が通販を利用するため、人手不足に陥っている会社もあります。少子高齢化が進行している日本の中で通販業界は、今後の成長産業だと言えるでしょう。